“無理チュー”類焼?蒸し返された和田アキ子「酔うとキス魔」

公開日: 更新日:

 20日発売の「週刊文春」がスクープした橋本聖子参院議員(49)とフィギュアスケートの高橋大輔(28)の“無理チュー写真”が恰好のネタになっている。
 24日放送の情報番組で次々に取り上げられた。今回の騒動とはまったく無関係ながら、“キス強要”つながりで各局で名前が上がったのが、歌手の和田アキ子(64)。和田といえば酔うとキス魔になることで知られ、唇を奪われた男性タレントたちが度々そうしたエピソードを明かしている。

 皮切りは「サンデー・ジャポン」(TBS系)。出演者たちが口々に橋本氏を批判する中、司会を務める爆笑問題の太田光(49)が「(キス魔)というのはアッコさんだけ」と茶化した。
 その数分後、「ワイドナショー」(フジテレビ系)でも話題に上った。同番組でも“無理チュー”騒動の特集が組まれ。小倉智昭(67)が「だって芸能界にもさ、酔ったら必ずキスする有名な人いるじゃないですか」と誘導。「アッコさんとか」と東野幸治(47)が受け、「(でもそれは)パワハラとか言わないじゃない」とイジるとスタジオ内は爆笑に包まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    「心残りはアメリカを見ずに死ぬことさ」と言い残した学徒特攻隊員

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る