日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ドクターX」視聴率絶好調も…米倉涼子は“燃え尽き症候群”

 有終の美を飾るのは間違いないが、問題はその次――。2014年ナンバーワン視聴率ドラマが確実視されている米倉涼子(39)主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)。

 11日放送分の平均視聴率は24.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)まで伸び、初回から10週連続で20%の大台を突破した。残す放送は18日の最終話のみとなったが、制作関係者は達成感に浸る余裕もなく、頭を抱えているという。

 確実に数字の稼げるドラマなのに、今回の第3弾で「打ち止め」といわれる一件である。主役の米倉が「役柄のイメージの固定化と“燃え尽き症候群”のため、これ以上の続編を拒否している」(芸能プロ関係者)ことは巷間いわれている通りだが、他にも理由があるようで――。

「最終回で未知子がオペに挑む患者は、岸部一徳演じる神原晶。未知子の“親代わり”のような存在です。この設定が物語るように、もはや、未知子が唯一信頼を寄せる晶さんにまでメスを入れるということは、もうネタ切れ。“切る”ものがない。医療ドラマとして術例も患者も完全に手詰まり。それでも編成トップから直々に“何としても続けろ”というお達しが出ているからプロデューサーは困っている。テレ朝は『相棒』の視聴率もひと頃ほどには振るわない。なおのこと『ドクターX』頼みなのです」(テレ朝関係者)

 米倉に「御意」と言わせる秘策は今のところなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事