「ドクターX」視聴率絶好調も…米倉涼子は“燃え尽き症候群”

公開日:  更新日:

 有終の美を飾るのは間違いないが、問題はその次――。2014年ナンバーワン視聴率ドラマが確実視されている米倉涼子(39)主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)。

 11日放送分の平均視聴率は24.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)まで伸び、初回から10週連続で20%の大台を突破した。残す放送は18日の最終話のみとなったが、制作関係者は達成感に浸る余裕もなく、頭を抱えているという。

 確実に数字の稼げるドラマなのに、今回の第3弾で「打ち止め」といわれる一件である。主役の米倉が「役柄のイメージの固定化と“燃え尽き症候群”のため、これ以上の続編を拒否している」(芸能プロ関係者)ことは巷間いわれている通りだが、他にも理由があるようで――。

「最終回で未知子がオペに挑む患者は、岸部一徳演じる神原晶。未知子の“親代わり”のような存在です。この設定が物語るように、もはや、未知子が唯一信頼を寄せる晶さんにまでメスを入れるということは、もうネタ切れ。“切る”ものがない。医療ドラマとして術例も患者も完全に手詰まり。それでも編成トップから直々に“何としても続けろ”というお達しが出ているからプロデューサーは困っている。テレ朝は『相棒』の視聴率もひと頃ほどには振るわない。なおのこと『ドクターX』頼みなのです」(テレ朝関係者)

 米倉に「御意」と言わせる秘策は今のところなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る