「THE MANZAI」優勝候補 「学天即」笑いのツボとは?

公開日:  更新日:

 今月14日の衆議院選挙と同日に行われる息詰まる熱戦といえば、漫才日本一を決める「THE MANZAI」だ。昨年末に同大会で優勝したウーマンラッシュアワーは、すさまじい勢いで売れていった。今年もここから新たなスターが生まれる可能性は十分ある。

 今年の大会ではウーマンラッシュアワーのような飛び抜けた存在がいないため、優勝者を予想するのは難しい。ただ、決勝の前段階にあたる本戦サーキットで1位通過を果たした「学天即」こそが、目下のところ最も優勝に近いといわれている。

 学天即は、モジャモジャ頭で「美術教師」のような風貌の四条和也(33)と、長身で体格のいい奥田修二(32)のコンビ。高校の同級生だった彼らは05年にコンビを結成。アマチュアでありながら「M―1グランプリ」で準決勝まで進んだ。その後、事務所に所属することになり、大阪を拠点に活動。プロデビューしてからは漫才の腕にもますます磨きがかかり、「NHK新人演芸大賞」「上方漫才大賞新人賞」などを受賞した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る