日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファン・ビンビン主演ドラマで「胸の谷間」“抹殺”の異常事態

 中国の人気女優、ファン・ビンビン(范冰冰=33)が唐時代の女帝、則天武后を演じる歴史ドラマ「武則天」のワンシーン。左の大型テレビに映っているのがオリジナルで、右のノートPCに映っているのは編集された同じ映像だ。

 このドラマ、昨年12月21日に放映が始まったがすぐに一時中止となり、年明けに再開された。初回は胸の谷間がくっきり映っていたが、再開後は全てカット。顔のクローズアップばかりが画面を埋め尽くす異様な事態になっている。

 国家ラジオ映画テレビ総局(SARFT)による検閲の結果であることは明白で、ネットには、セクシーショットを奪われたファンの不満と怒りの声があふれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事