極楽・山本に出演オファー殺到 “ネタ枯れ”TV界が熱視線

公開日:  更新日:

 ネタ枯れのテレビ界は今、この話で持ちきりだ。06年7月に淫行スキャンダルを起こし吉本興業を解雇されたお笑いコンビ、極楽とんぼの山本圭一(46)が今月19日に8年半ぶりのお笑いライブを開催することが決定。

「とにもかくにも山本のキャスティングをプロデューサーに厳命した」というのは民放キー局の編成関係者だ。

「理由ですか? 一番は数字が取れるからです。でも本音は救いの手を差し伸べたい。一部メディアはコンプライアンス問題を指摘するが、最終的に起訴はされずに示談で済んでいる。しかも、約8年間も芸能活動を自粛してきた。芸能界で一度はスポットライトを浴びた人間が一般人として生活するには、かなりの苦労があったはずですからね」

 この山本を巡っては既に複数のテレビ局が出演オファー済みだという。そのキーマンとなっているのが現在も「相方」を標榜してはばからない加藤浩次だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  9. 9

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る