ドラマに映画に大忙し 来年も続く堀北真希の「処女伝説」

公開日: 更新日:

 堀北真希(25)が21日に行われた映画「麦子さんと」の初日舞台あいさつで、“今年の漢字”に「楽」を挙げ、「珍しく今年は一年が長かった。いろんな経験をして楽しかったです」なんて話していた。

 さすが「ストイック」と評判の堀北だ。
 03年にデビューして以来、ずっと第一線で活躍してきた。今年も、ドラマ「ミス・パイロット」(フジテレビ系)こそ視聴率10%台前半と振るわなかったが、映画に舞台にCMにと「スケジュールはギッシリ」(業界関係者)。

 ちなみに、「ベストドレッサー賞」や、美しく輝いていた著名人を選ぶ「ベストビューティストアワード」も受賞している。

「それでも『楽』を選ぶなんて、堀北の真面目な性格をよく表しています」とテレビ局スタッフがこう続ける。
「堀北は“仕事人間”。仕事をしている時が一番楽しいんでしょうね。セリフは完璧に覚えてくるし、問題点があっても、翌日にはきっちり修正してくる。ミス・パイロットで共演した相武紗季のチャラチャラした態度に激怒したのは、知られた話。職人気質なんです。芸能界の友達とつるんで遊び回るタイプではないし、<ひとりでいるのが好き>と言うのも納得ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る