• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芸人で芽が出ずディスコへ DJ KOOの意外な経歴

 昨年からバラエティーで売れまくっているのがDJ KOO(53)。90年代、ミリオンヒットを連発していた5人組テクノ・レイヴ・ユニット「TRF」のリーダー。現在も「TRF」は活動継続中で、DJ KOOは「TRF」の活動をしつつ、ピンでバラエティーに出演しているのだ。音楽業界はCDが売れず厳しいため、リーダーとして、今の若者たちにも「TRF」の存在と音楽を知ってもらおうと必死なのだろう。

 バラエティーで引っ張りだこになっているのは、DJらしい“不良″っぽい風貌に反した、天然ボケの発言や温厚な性格、腰の低さ、生真面目さなどの意外性がウケているから。知名度アップだけでなく、クラブミュージックのちょっと危ないイメージを払拭し、好感度のアップにも大きく貢献している。

 しかし、いくら知名度や好感度を上げたくても、芸人たちの中で存在感をアピールするのは至難の業。芸人を目指した時期があったDJ KOOだからこそ可能なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る