• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ももクロの“特典商法”に相次ぐ嘆きと「AKBとは違う」の声

 1月28日に米ロックバンド・KISSとのコラボレーション楽曲「夢の浮世に咲いてみな」を発売したももいろクローバーZが、AKBグループにあやかって“特典商法”を始めたとして物議を醸している。

 2012年11月発売の「サラバ、愛しき悲しみたちよ」が記録した約13万4000枚の売上枚数をピークに、2013年11月の「GOUNN」が約9万6000枚。2014年5月に発売した「泣いてもいいんだよ」が約8万2000枚。7月に発売した「MOON PRIDE」は約6万6000枚と下降線をたどる一方だ。

 こうした現状に、ネット上のファンからは<本当に売り上げが落ちてきてるんだな><新曲を出すたびに人気が落ちてるよな>などと、嘆きと心配の声が広がっていた。

 そこへもって、今回発売された新曲と3月11日リリース予定の「青春賦」、今年第3弾となるシングル(タイトル未定)のCD3枚を購入すると、特典ライブ映像や招待制ライブに応募できる抽選権を得られることが発表された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る