ももクロの“特典商法”に相次ぐ嘆きと「AKBとは違う」の声

公開日:  更新日:

 1月28日に米ロックバンド・KISSとのコラボレーション楽曲「夢の浮世に咲いてみな」を発売したももいろクローバーZが、AKBグループにあやかって“特典商法”を始めたとして物議を醸している。

 2012年11月発売の「サラバ、愛しき悲しみたちよ」が記録した約13万4000枚の売上枚数をピークに、2013年11月の「GOUNN」が約9万6000枚。2014年5月に発売した「泣いてもいいんだよ」が約8万2000枚。7月に発売した「MOON PRIDE」は約6万6000枚と下降線をたどる一方だ。

 こうした現状に、ネット上のファンからは<本当に売り上げが落ちてきてるんだな><新曲を出すたびに人気が落ちてるよな>などと、嘆きと心配の声が広がっていた。

 そこへもって、今回発売された新曲と3月11日リリース予定の「青春賦」、今年第3弾となるシングル(タイトル未定)のCD3枚を購入すると、特典ライブ映像や招待制ライブに応募できる抽選権を得られることが発表された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る