「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

公開日: 更新日:

「おかあさんといっしょ」がそうであるように、子ども番組のお姉さんはタレントを起用するのが恒例。それを広島所属のアナウンサーが月イチペースで上京し収録していたというから珍しいし、NHKとしての期待の高さもうかがわせる。

■憧れは国谷裕子キャスター

 NHKは「個別の番組出演者の起用の経緯については、お答えを控えさせていただきます」(広報局)とにべもないが、こんな背景があるという。

「桑子アナは大学在籍中からNHKでアルバイトをしており、それが縁で番組の起用につながったと聞きます。大学当時は“ショートの金髪”というチャラ系だったようで、その過去は本人も番組で公言しています」(前出の女子アナウオッチャー)

 神奈川県川崎市で生まれ育ち、東京外国語大でチェコ語を専攻。長野放送局時代のインタビューでは、クローズアップ現代の国谷裕子に憧れてNHKを志したと語っていた。

 この4月からは東京アナウンス室に異動になり、ブラタモリほか、平日朝の「ニュース7」でサブキャスターも担当する。しかし、惜しむらくは出世作の“ワラッチャオ!”を3月末で降板すること。コスプレ姿はあと1カ月で見納めだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る