最低視聴率のNHK大河「花燃ゆ」専門家に聞く“巻き返し策”

公開日: 更新日:

 ついに大河ドラマ「花燃ゆ」は視聴率ヒトケタすれすれの危険水域に達してしまった。

 第7話(15日)の平均視聴率が11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。歴代ワースト3の発進だった初回(16.7%)を一度も超えることなく、前作「軍師官兵衛」の最低12.3%を下回るという事態……。まだまだ暖機運転の最中なのに、エンスト寸前なのだ。

「大河ドラマの50年」の著者で、放送評論家の鈴木嘉一氏はこうハッパをかける。

「朝ドラと並びNHKドラマの2枚看板である以上、及第点の目安となる視聴率15%は期待したい。1年間の長丁場となる大河は他のドラマに比べ、物語の見せ場に至るまでの助走期間が長く、厳しい序盤戦を強いられることは往々にしてある。まさに試練の時。制作に関わる全ての人は『花燃ゆ』で打ち出したいメッセージを共有し、視点を明確に定める必要があるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  8. 8

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  9. 9

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る