最低視聴率のNHK大河「花燃ゆ」専門家に聞く“巻き返し策”

公開日: 更新日:

 ついに大河ドラマ「花燃ゆ」は視聴率ヒトケタすれすれの危険水域に達してしまった。

 第7話(15日)の平均視聴率が11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。歴代ワースト3の発進だった初回(16.7%)を一度も超えることなく、前作「軍師官兵衛」の最低12.3%を下回るという事態……。まだまだ暖機運転の最中なのに、エンスト寸前なのだ。

「大河ドラマの50年」の著者で、放送評論家の鈴木嘉一氏はこうハッパをかける。

「朝ドラと並びNHKドラマの2枚看板である以上、及第点の目安となる視聴率15%は期待したい。1年間の長丁場となる大河は他のドラマに比べ、物語の見せ場に至るまでの助走期間が長く、厳しい序盤戦を強いられることは往々にしてある。まさに試練の時。制作に関わる全ての人は『花燃ゆ』で打ち出したいメッセージを共有し、視点を明確に定める必要があるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る