• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最低視聴率のNHK大河「花燃ゆ」専門家に聞く“巻き返し策”

 ついに大河ドラマ「花燃ゆ」は視聴率ヒトケタすれすれの危険水域に達してしまった。

 第7話(15日)の平均視聴率が11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。歴代ワースト3の発進だった初回(16.7%)を一度も超えることなく、前作「軍師官兵衛」の最低12.3%を下回るという事態……。まだまだ暖機運転の最中なのに、エンスト寸前なのだ。

「大河ドラマの50年」の著者で、放送評論家の鈴木嘉一氏はこうハッパをかける。

「朝ドラと並びNHKドラマの2枚看板である以上、及第点の目安となる視聴率15%は期待したい。1年間の長丁場となる大河は他のドラマに比べ、物語の見せ場に至るまでの助走期間が長く、厳しい序盤戦を強いられることは往々にしてある。まさに試練の時。制作に関わる全ての人は『花燃ゆ』で打ち出したいメッセージを共有し、視点を明確に定める必要があるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る