恋多き負け組から勝ち組アラフォーにシフトした梨花の計算

公開日: 更新日:

 ライフスタイル本「MY NAME IS・・・RINKA A to Z DICTIONARY」(マガジンハウス)を8日に出版し、記念トークイベントを「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」で開催する梨花(41)。イベントに参加できるのは、特製ステッカーを事前に購入した先着50人。少人数ではあるが、ステッカーはすぐに完売。本も発売前から予約が殺到し、重版が決定。“カリスマモデル”梨花の人気の高さを物語っている。

 梨花といえば、2000年代半ば、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)の人気コーナー「格付けしあう女たち」でブレーク。
 ぶっちゃけの下ネタトークを炸裂させ、“汚れキャラ”のイメージが定着。オトコ関係も賑やかで、サッカー元日本代表の柳沢敦をはじめ、さまぁ~ずの大竹一樹などとの熱愛も重なり“恋多き負け組女”と呼ばれたのもこの頃である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る