恋多き負け組から勝ち組アラフォーにシフトした梨花の計算

公開日: 更新日:

 ライフスタイル本「MY NAME IS・・・RINKA A to Z DICTIONARY」(マガジンハウス)を8日に出版し、記念トークイベントを「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」で開催する梨花(41)。イベントに参加できるのは、特製ステッカーを事前に購入した先着50人。少人数ではあるが、ステッカーはすぐに完売。本も発売前から予約が殺到し、重版が決定。“カリスマモデル”梨花の人気の高さを物語っている。

 梨花といえば、2000年代半ば、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)の人気コーナー「格付けしあう女たち」でブレーク。
 ぶっちゃけの下ネタトークを炸裂させ、“汚れキャラ”のイメージが定着。オトコ関係も賑やかで、サッカー元日本代表の柳沢敦をはじめ、さまぁ~ずの大竹一樹などとの熱愛も重なり“恋多き負け組女”と呼ばれたのもこの頃である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  6. 6

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  9. 9

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  10. 10

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

もっと見る