さんま、勘三郎、江川…“未男”ラサール石井の華麗な交遊録

公開日:  更新日:

 2015年の年男といえば、本業も私生活も何かと話題のラサール石井(59)もそのひとり。同級生人脈も華やかだ。

 昭和30年生まれのひつじ年は、同い年だと思うとちょっと落ち込むくらい、才能にあふれた人材が揃っています。海外を見渡せば、アップルのスティーブ・ジョブズやマイクロソフトのビル・ゲイツ……。日本も負けていない。筆頭は明石家さんまさん。言わずと知れたお笑いの天才です。

 タメという感じはまったくありません。芸能界ではだいぶ先輩だし、貫禄も半端じゃない。親密になったきっかけは、さんまさん主演のドラマ「心はロンリー気持ちは『……』」。第1回を見た時、とてもいいなと思った。「オレたちひょうきん族」で顔を合わせ、そう伝えると「オマエ頭いいし、ブレーンに入ってくれるか」と言われ、「参宮橋サークル」という会に参加するようになったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る