共に芸能界歩み ラサール石井が語る故・石井光三会長“秘話”

公開日: 更新日:

「みんな忙しくて誰も葬式に来られないのが一番理想的」――。

 生前、そう語っていたという。6日に肝内胆管がんで亡くなった芸能プロダクション「石井光三オフィス」会長の石井光三氏(享年83)。「コント赤信号」時代、マネジャーだった石井会長と共に芸能界を歩んできたラサール石井(59)が13日、故人について語った。

「必ず行き先のテレビ局の紙袋を持って行って、ないときはコピーしてカバンに貼っていました。お笑いブームの頃は出る番組の平均視聴率が25%とかの時代だから、みんな僕らのネタを知っていて、観客の子供が先にネタを言うんです。テレビでは子供の声を拾ってないから分からないんだけど、僕らはそれに反応してしゃべってしまった。すると、番組が終わって社長(会長)は『何言うてんねん!』と激怒。プロデューサーが『まあまあ』となだめるほどの勢い。で、外に出た後『ああ言うたら誰も怒らんやろ?』と言うんです。本当は怒っているんだけど、その怒りを僕たちに分からせながら周囲に気を使える人だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  7. 7

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

  8. 8

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

もっと見る