共に芸能界歩み ラサール石井が語る故・石井光三会長“秘話”

公開日:  更新日:

「みんな忙しくて誰も葬式に来られないのが一番理想的」――。

 生前、そう語っていたという。6日に肝内胆管がんで亡くなった芸能プロダクション「石井光三オフィス」会長の石井光三氏(享年83)。「コント赤信号」時代、マネジャーだった石井会長と共に芸能界を歩んできたラサール石井(59)が13日、故人について語った。

「必ず行き先のテレビ局の紙袋を持って行って、ないときはコピーしてカバンに貼っていました。お笑いブームの頃は出る番組の平均視聴率が25%とかの時代だから、みんな僕らのネタを知っていて、観客の子供が先にネタを言うんです。テレビでは子供の声を拾ってないから分からないんだけど、僕らはそれに反応してしゃべってしまった。すると、番組が終わって社長(会長)は『何言うてんねん!』と激怒。プロデューサーが『まあまあ』となだめるほどの勢い。で、外に出た後『ああ言うたら誰も怒らんやろ?』と言うんです。本当は怒っているんだけど、その怒りを僕たちに分からせながら周囲に気を使える人だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る