一生ローン奴隷…「夢のマイホーム」はハイリスク投資だ

公開日: 更新日:

変わるサラリーマン生活

 いつの時代も庶民の夢はマイホーム。「今買わなければ損」と踊らされて、サラリーマンたちは多少の通勤時間は我慢し、郊外に新しく開発された新興住宅地に移り住んできた。しかし、今やその標準ケースは崩壊している。

 40歳で東京近辺に5000万円の住宅を購入。親の援助と貯金で頭金1000万円。銀行から4000万円の35年ローンを組む。

 最もポピュラーな「フラット35」を利用すると、月々の返済額は13万2000円(利率1.958%=ボーナス払いなし)。これなら賃貸住宅に住むのと大差なく、子育て費用も十分に残る。

 丸々残るボーナスでハワイなど海外旅行も楽しめそうだし、老人ホームへの入居を考える頃には、自宅を売却して入居資金の足しにすることもできる――。一方、返済は75歳まで続くが、「退職までに繰り上げ返済で完済する」といった予定も思い描ける…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  2. 2

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  8. 8

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る