三谷幸喜は低迷する大河を救えるか…16年「真田丸」を脚本

公開日: 更新日:

 坂口安吾に「二流の人」と侮られた黒田官兵衛は、謀略をめぐらす腹黒い武将として描かれることが多かった。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」は、そんな負のイメージが強い戦国時代の脇役に、ジャニーズアイドルの岡田准一(33)を起用。新しい官兵衛像で歴史好きをうならそうともくろんだ。

 ビデオリサーチ調べの視聴率(関東地区)は平均15%台。「八重の桜」「平清盛」の前2作は上回っているものの、舞台は人気の高い戦国時代である。重要な場面に必ず主人公が絡んでくるというあり得ないマンガみたいなストーリーだった「江」ですら、平均視聴率は17%台だった。

 22日の放送では、朝ドラ「梅ちゃん先生」で人気となった松坂桃李(25)が黒田長政役で初めて登場した。制作側は起爆剤と期待しているのだろうが、まだまだ荷が重そうだ。

「再来年放送の『真田丸』に望みをかけるしかないような状況です。主役は堺雅人で脚本は三谷幸喜。これでコケたら終わりです。大河ドラマの存続が危うくなります」と言うのは、NHK関係者。視聴率男とヒットメーカーがタッグを組んでもダメなら、1年間を通して歴史物語を紡ぐスタイルの見直しも現実味を帯びてくるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  5. 5

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  11. 10

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

もっと見る