チワワCMの清水章吾 「人間国宝」から学んだ先読みと気遣い

公開日:  更新日:

 チワワと共演したテレビCMで全国区の人気を得た清水章吾さん(72)。最近は刑事ドラマの出演が多く、画家としても活躍中。子役出身だけに芸歴は57年になるが、師匠は人間国宝にも認定された女形役者・花柳章太郎さん(故人)だった――。

■時に1万円のお小遣いをいただき…

「君が役者になれて役をもらえて、少しは名前が売れたとしても、一服しちゃダメだよ。役者ってのは、死ぬまで修業なんだから」

 花柳先生に初めてお会いした時の言葉は今でも忘れませんね。あれは僕が18歳。大学1年生の時でした。

 15歳で児童劇団に入り、高校卒業後は獣医になりたくて日大農獣医学部に入学したものの、役者の道も捨てきれなくて……。そんな時、先生の内弟子だったいとこから紹介されて、当時、文京区小石川に住んでらっしゃった先生の内弟子にしていただいたわけです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る