じゅんいちダビッドソンのネタ生んだ不遇時代のバイト経験

公開日: 更新日:

「R―1」決勝で披露した「深夜のスーパーでクレームの電話を受ける本田圭佑」というネタがウケ、芸歴18年目にしてブレーク。この「深夜のスーパー」「クレーム処理」は不遇時代にこなしてきた数々のバイト経験のたまものだった。

 芸人としてのギャラは16年目までほぼずっとゼロでした。つい2年くらい前まで「年収」が10万円いくかいかないかくらいで、ゼロの月が年に8回くらいありました。一昨年も年収三十数万円くらいで。たまに営業に出て4万円くらい入ってくるときがあるから、そのときはなかなかの金持ちでした。当時はお笑いの給料って基本ないと思っていて、あまりに仕事がなくて、どんな内容の仕事をしてもらったギャラかも覚えてないような感じでした。

■本田選手とライブに出たい

 ギャラがない代わり、バイトでしっかり月18万円くらい稼いでました。東京出てきてからやったのは引っ越し屋、深夜のスーパー、サンプリングディレクター(車で街中でサンプルを配る女の子のストック補充)、コールセンターでクレーム処理。あとは車の修理工場で修理が終わった車に乗って持ち主の家まで行って代車に乗って帰ってくるバイトとか。駐車場を閉鎖するバイトもやりました。朝、駐車場に行って車が1台も止まってなかったら入り口をチェーンで封鎖して、日給8000円。もし車があったらその車が出て空っぽになるまで待ち続けてチェーンをかけるというだけ。夜中のビリヤード場のバイトなんて、常連客の相手するためにビリヤードやりながらお酒飲んで楽でしたけど、東京で夜勤で750円でした(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    「入院制限」は誰の発案なのか “独断会議”の出席者は5人、与党内からも突き上げの嵐

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    自治体の長なら子供をまず守れ この国には一定数の野蛮な親父がいる

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    <21>800万円のロングコートを着てムービーカメラの前で悪代官のように振る舞う

  8. 8

    英国は「集団免疫」を獲得した? 成人7割ワクチン接種完了、専門家の見解は

  9. 9

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  10. 10

    「私たちの夢」NY市警刑事の殉職から7年…人工授精で生まれた娘が4歳に

もっと見る