じゅんいちダビッドソンのネタ生んだ不遇時代のバイト経験

公開日: 更新日:

「R―1」決勝で披露した「深夜のスーパーでクレームの電話を受ける本田圭佑」というネタがウケ、芸歴18年目にしてブレーク。この「深夜のスーパー」「クレーム処理」は不遇時代にこなしてきた数々のバイト経験のたまものだった。

 芸人としてのギャラは16年目までほぼずっとゼロでした。つい2年くらい前まで「年収」が10万円いくかいかないかくらいで、ゼロの月が年に8回くらいありました。一昨年も年収三十数万円くらいで。たまに営業に出て4万円くらい入ってくるときがあるから、そのときはなかなかの金持ちでした。当時はお笑いの給料って基本ないと思っていて、あまりに仕事がなくて、どんな内容の仕事をしてもらったギャラかも覚えてないような感じでした。

■本田選手とライブに出たい

 ギャラがない代わり、バイトでしっかり月18万円くらい稼いでました。東京出てきてからやったのは引っ越し屋、深夜のスーパー、サンプリングディレクター(車で街中でサンプルを配る女の子のストック補充)、コールセンターでクレーム処理。あとは車の修理工場で修理が終わった車に乗って持ち主の家まで行って代車に乗って帰ってくるバイトとか。駐車場を閉鎖するバイトもやりました。朝、駐車場に行って車が1台も止まってなかったら入り口をチェーンで封鎖して、日給8000円。もし車があったらその車が出て空っぽになるまで待ち続けてチェーンをかけるというだけ。夜中のビリヤード場のバイトなんて、常連客の相手するためにビリヤードやりながらお酒飲んで楽でしたけど、東京で夜勤で750円でした(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る