本田モノマネでR-1優勝 じゅんいちダビッドソン「苦節17年」

公開日:  更新日:

「持ってたんでしょうね」

 優勝後のインタビューでもなりきっていたのは、じゅんいちダビッドソン(40)。昨年は決勝で負けた雪辱を果たし、10日開催の「R―1ぐらんぷり2015」で王者に輝いた。

 サッカー日本代表でACミランの本田圭佑(28)のものまねが十八番で、決勝ではスーパーの店員としてクレーム処理を受ける本田のコントを披露。トロフィーを手に、「ここが到達点や、というふうには思っていない。ロシアに向けていい準備ができたと思います。これをきっかけにどんどんバラエティーに進出して、芸能界の空いているスペースに走り込んでいきたい」と、ものまねを交えながら意気込みを語っていた。

「誰に優勝を伝えたいか」との質問には「イタリアにいる本物の方に『おかげさまで優勝できた』と言いたい」。「優勝賞金でミラノに行って本人に謝りたい。(副賞の)冠番組もついて来てほしい」と“完全非公認”について謝罪に行くための密着番組を希望した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る