気象予報士に落語家の顔も 話題の春日萌花「本業はプロレス」

公開日:  更新日:

 現役女子プロレスラーが繰り広げる下ネタ妄想ラジオ「FANTASY RADIO」(毎週金曜日=FM NACK5)が話題だ。パーソナリティーは春日萌花(30)。2014年にプロスポーツ選手で初の気象予報士資格を取得し、同年に第4級アマチュア無線技士の試験にも合格。女流落語家の顔も持ち、三遊亭春馬の弟子「三遊亭萌花」として高座にも上がっている。……で、本業は?

「メーンはプロレスです。初日から体育会系独特の雰囲気がツラかったんですけど、やめようとは思いませんでした。気象予報士の試験は年2回、3年半かけて7回目で受かりました」

 将来の目標は「イグノーベル賞」。「例えば“辞書で初めてエッチな言葉を調べた年齢”を調べて統計を取るとか! ……と『オールナイトニッポン』のオーディションの最終面接で語ったら『ずいぶん下ネタがお好きなんですね』と言われて落とされましたけど(笑い)」

 ちなみにプロレスの必殺技は「お嬢さま固め」と「お嬢さまドロップ」。ラジオを聞いて気になったリスナーは、ぜひ会場へ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る