「嫁取りの方が難しい」資格ブームの火付け役・藤田康雄さん

公開日:  更新日:

 ワインだ、野菜だ、お茶だと女性タレントがソムリエやアドバイザーの資格を取るのが一種のブームになっているが、この人の前ではみんなかすんでしまう。90年代にベストセラーになった資格取得本を書いた藤田康雄さん(66)だ。さて、今どうしているのか。

「総数? さあ、どのくらいやろ。230種は超えてるはずやけど、ちゃんと数えてへんから、わからんなあ」

 大阪府東大阪市。近鉄俊徳道駅から歩いて5分の自宅で会った藤田さん、こう言って苦笑した。

「いくつあるか、ご自分の目で見て下さいよ」と促され、1階の仏間へ。あるわあるわ。三方の壁一面に資格認定証、免許証、検定合格書がビッチリ貼られている。2階のリビングも同様だった。

「これだけやないんです。免許証サイズの免状、講習修了証ゆうのがありましてな。これですわ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  10. 10

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

もっと見る