“指原有利”で過熱 AKB総選挙のカギ握る中国人とファンの親

公開日:  更新日:

 6月6日に開票される「AKB48選抜総選挙」の投票が19日から始まった。

 今や、この時期の風物詩となったAKB総選挙も今年で7回目。小嶋陽菜(27)や松井玲奈(23)ら人気メンバーが出場を辞退したことで盛り上がりが心配されているが、一部ファンの間では「むしろ、これまで以上に“白熱”するのでは」とみる向きもある。

 今回、開票イベントが行われるのは、福岡のヤフオクドーム。初の地方開催だ。雨天時のために開閉式の屋根を備えた会場にしたのが理由のようだが、昨年1位に輝いた渡辺麻友(21)のファンを中心に、「HKTの本拠地でやるのは指原莉乃(22=同2位)に有利に働くんじゃないか?」と不満の声が出ている。実際、20日発表された速報値では、指原が3万8151票で暫定首位に立った。

 このことが発端となり、渡辺vs指原の構図がヒートアップする可能性が指摘されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る