「イモ欽」長江健次さん語る 欽ちゃんファミリー“破門”の真相

公開日: 更新日:

 ちなみに、そのライブツアー、6月27日=姫路、28日=京都、7月4、5日=二子玉川で開かれる。

「続いて7月18日からは長江健次生誕51周年全国ツアーで名古屋を皮切りに、北海道から福岡まで8カ所のライブハウスを回る。去年、神戸でやった生誕50周年ライブではイモ欽トリオが集合してね。結成35年目にしての初ライブってことで話題になり、チケットは即完売。オレが声かけたら、山口サンも西山クンも大喜びで参加してくれた。オレ自身、再結成の話が持ち上がっても、ずっと断ってきたから」

 長江さんは約1年半のイモ欽トリオでの活動後、大学受験のために脱退。大阪芸術大学に通いながら、明石家さんま(「MBSヤングタウン」)や笑福亭鶴瓶(「突然ガバチョ!」)などの人気者と共演、大阪を中心に活動の場を広げた。

「欽ちゃんファミリーの一員だったのに、勝手に大阪に帰り、仕事を再開したと思われたんだわ。マスコミには“欽ちゃんファミリーから破門された”とか書かれた。若かったんやね。そうか、だったら自分の力でやったる、欽ちゃんには頼らへん、『ハイスクールララバイ』は二度と歌わへんし、フツオも使わへん、と意固地になったわけ。今にして思えば、ひとりで強がってただけ。カッコ悪いったら、ありゃしない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る