• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

神田うのは3000万円被害…怪しいベビーシッター見抜く方法

 神田うの(40)の盗難事件にはビックリさせられた。うのは4人のベビーシッターを雇っていたが、その1人がブランドバッグや指輪など約70点を盗んでいたという。約3000万円の被害というから大変だ。シッターは60歳の女性で、4人の中で最古参だった。

 うののケースもそうだったが、シッターや家政婦を雇う場合、専門の派遣業者に依頼することが多い。業者はシッターに講習を受けさせて依頼主の家に送り込む。派遣会社100社が加盟する「全国保育サービス協会」に聞いた。

「講習では、貴重品を目につくところに置かないようお客さまにお願いするよう指導します。シッターが入っていい部屋といけない部屋をきちんと決めてトラブルを防ぐことも大切です。神田さんの事件は絶対にあってはならないことです」(長崎真由美事務局次長)

 シッターや家政婦が派遣先の金品を盗んだ事件はたびたび起きている。2011年には都内の家政婦が世話をしていた女性宅で腕時計などを盗み、13年には熊本の家政婦が勤務先から貴金属10点を盗んで逮捕された。派遣関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  7. 7

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  9. 9

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  10. 10

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

もっと見る