SKEも足止め…新幹線火災で分かった芸能界“地方営業”の実態

公開日:  更新日:

「芸能人もアチコチ移動して大変なんだなぁ」――改めて考えさせられたのが、30日の新幹線火災だ。事件のせいで多くの芸能人も予定変更を余儀なくされている。
 
 愛知のSKE48劇場で公演を予定していたSKEは、急きょメンバーを差し替える羽目になり、大阪に帰る予定だったお笑い芸人の星田英利(43)は米原で足止め。全国ツアー中だった歌手の清水翔太(26)も神戸に向かう途中でストップを食らい、ほかにさかなクン、森脇健児、AMEMIYAなども事件の影響をSNSなどで報告していた。

 東京にドッシリしていりゃいいものを、どうして芸能人たちはアチコチ出向くのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。

「華やかに見える芸能界も東京のテレビだけで食えていけるのは、実は冠番組を持っているような一握りの超売れっ子だけ。あとはみんな地道な営業活動で食いつないでいるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る