最後のW杯終えた澤穂希めぐり早くもTV局で「大争奪戦」勃発

公開日:  更新日:

 W杯カナダ大会後に引退が確実視される“なでしこジャパン”の澤穂希(36)を巡って、NHKをはじめ、民放各局が水面下で動き始めている。

「澤選手は引退したら日本サッカー協会が2023年女子W杯に向けた招致委員長への就任を要請するともっぱらです。澤は、女子サッカーの地位向上と育成、さらには知名度を上げるためにこのオファーを受けるといわれている。今後は協会の幹部候補生として第二の人生が約束されています」(サッカー関係者)

 こうしたサッカー協会の動きに呼応するかのように動きだしたのがテレビ界だ。他局に先んじようとスポーツ局の担当プロデューサーやディレクターらが、チームをつくってオファー合戦を展開しているのである。

「招致委員長となれば広報を兼務する重要なポジション。当然、テレビなどの媒体に出演する大義名分が生まれるんです。となればタイミングさえ合えば番組出演を断る理由がないんですよ」(編成関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る