最後のW杯終えた澤穂希めぐり早くもTV局で「大争奪戦」勃発

公開日: 更新日:

 W杯カナダ大会後に引退が確実視される“なでしこジャパン”の澤穂希(36)を巡って、NHKをはじめ、民放各局が水面下で動き始めている。

「澤選手は引退したら日本サッカー協会が2023年女子W杯に向けた招致委員長への就任を要請するともっぱらです。澤は、女子サッカーの地位向上と育成、さらには知名度を上げるためにこのオファーを受けるといわれている。今後は協会の幹部候補生として第二の人生が約束されています」(サッカー関係者)

 こうしたサッカー協会の動きに呼応するかのように動きだしたのがテレビ界だ。他局に先んじようとスポーツ局の担当プロデューサーやディレクターらが、チームをつくってオファー合戦を展開しているのである。

「招致委員長となれば広報を兼務する重要なポジション。当然、テレビなどの媒体に出演する大義名分が生まれるんです。となればタイミングさえ合えば番組出演を断る理由がないんですよ」(編成関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  2. 2

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  8. 8

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  9. 9

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  10. 10

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

もっと見る