• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

完封で4勝目のマイコラス 発奮材料は美人妻の芸能デビュー

 不調の巨人にギラギラしている男がいる。27日のヤクルト戦で先発し、完封で4勝目をあげたマイルズ・マイコラス(26)だ。先日、ローレン夫人(27)がタレントとして芸能事務所と契約。今後はバラエティー番組などに出演予定で、これがマイコラスを発奮させているというのだ。

「マイコラスは来日した時『米国でもやっていたんだけど、何かテレビの仕事とかないかな?』とマスコミに奥さんを売り込んでいたのが印象的。登板時には必ず応援に駆けつけ、テレビに映ったり、スポーツ紙にデカデカと掲載されて『美人妻』と有名になった。足しげく球場に通ったのは顔を売るためでもあったんです。これで夫婦の目的の半分は達成されたことになります」(テレビ局関係者)

 残るは“ダンナ問題”である。1年契約のマイコラスは年俸8050万円。27日現在、10試合で4勝3敗、防御率2.25の成績だ。196センチから投げ下ろす150キロ超の剛速球が武器で5人の先発ローテには入るが、原監督の評価は、実はマシソン、ポレダより下。これまでも外国人枠などの関係で2度も二軍落ちを命じられている。来季も巨人が契約してくれるか、微妙なところにいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る