完封で4勝目のマイコラス 発奮材料は美人妻の芸能デビュー

公開日: 更新日:

 不調の巨人にギラギラしている男がいる。27日のヤクルト戦で先発し、完封で4勝目をあげたマイルズ・マイコラス(26)だ。先日、ローレン夫人(27)がタレントとして芸能事務所と契約。今後はバラエティー番組などに出演予定で、これがマイコラスを発奮させているというのだ。

「マイコラスは来日した時『米国でもやっていたんだけど、何かテレビの仕事とかないかな?』とマスコミに奥さんを売り込んでいたのが印象的。登板時には必ず応援に駆けつけ、テレビに映ったり、スポーツ紙にデカデカと掲載されて『美人妻』と有名になった。足しげく球場に通ったのは顔を売るためでもあったんです。これで夫婦の目的の半分は達成されたことになります」(テレビ局関係者)

 残るは“ダンナ問題”である。1年契約のマイコラスは年俸8050万円。27日現在、10試合で4勝3敗、防御率2.25の成績だ。196センチから投げ下ろす150キロ超の剛速球が武器で5人の先発ローテには入るが、原監督の評価は、実はマシソン、ポレダより下。これまでも外国人枠などの関係で2度も二軍落ちを命じられている。来季も巨人が契約してくれるか、微妙なところにいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  7. 7

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  8. 8

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  9. 9

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

  10. 10

    検察が安倍前首相の“悪事”を暴かなければ国民は許さない

もっと見る