日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯でなでしこ引退が“前言撤回” 澤「リオ五輪出たい」の真相

 オランダ戦で後半35分から途中出場した澤穂希(36)は、かねて「カナダが最後のW杯」と公言していた。4年前のドイツ大会で世界女王になり、今大会で男女を通して世界初の金字塔「W杯6大会連続出場」を打ち立てた。思い残すことはない。なでしこジャパンの重鎮は、カナダW杯を最後に日の丸と別れを告げることにしていた。ところが――。

 W杯決勝トーナメント1回戦・オランダ戦の前々日。W杯を主催するFIFAの公式サイトに澤のインタビュー記事が掲載された。

「私たちは、W杯1次リーグを3戦全勝で通過しました。でも、W杯で優勝することは簡単なことではありません」

「カナダではゴールを決めてないし、(自身のパフォーマンスは)ベストとは言えません」

「私はこれまでサッカー選手が、成し遂げたいということをすべてかなえてきました。今は2度目のW杯優勝に集中しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事