「一発屋、受け入れられない…」ヒロシが50歳までに引退告白

公開日:  更新日:

「ヒロシです……」の自虐ネタで10年前に大ブレークしたヒロシ(43)。6月に都内で「カフェ&カラオケ喫茶 ヒロシのお店」をオープンし、連日大盛況だが、開店までの道のりは険しかったよう。おなじみのボヤキが止まらんとです……。

■本当はライブハウスをやりたかった

 もともとカラオケ喫茶をやるつもりはなかったんです。本当はライブハウスをやりたくて1年間くらいずっと物件を探してたんですけど、結局、借りられなかった。というのも、不動産屋からむちゃくちゃな条件を言われることが本当に多くて……。とにかく強気にふっかけてくるんです。当初は秋葉原で探していて、路面店が空いていたから1フロアを借りようとしたら「人気の物件だから2フロア借りてください」と。最終的に「一棟借りろ」と言われた。「どうせカネねえんだろ」的なことで安くしてくれるならまだしも、高くなるって……。そういう物件の持ち主って富豪だから、強気の人にしか貸さないんでしょ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る