イビキ、鼻毛…新垣隆氏は旧友から“暴露”されても終始笑顔

公開日:  更新日:

 “ゴーストイジリ”全開の会見となった。

 25日、作曲家の新垣隆氏(44)が音楽を手がけた映画「シロナガスクジラに捧げるバレエ」の完成発表会見が開かれ、共同作曲者のチェリスト・海野幹雄氏(39)とミニ演奏会を開いた。

 新垣氏と出会って15年以上の付き合いだという海野氏は開口一番、「頼んだら何でもやってくれるというので」と昨年2月に明るみとなった佐村河内守氏(51)のゴーストライター問題に引っ掛けてコメント。

「即興演奏では大体こうしようという“指示書”をもらって」などと当時の騒動のキーワードをちりばめた。さらに、「昔、コンクールのときに泊まりがけでサポートに来てくれたんですけど、本番前日に彼のイビキがすごくて眠れなかった」「わりと舌がお子ちゃま。“肉が好き!”みたいなね」と暴露。

 騒動前と後での変化を聞かれた際も「鼻毛が出ていない。服もヨレヨレだったのに、見た目が小ギレイになった」と言いたい放題だったが、後ろめたさのない新垣氏はいつも通りニコニコ笑っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る