日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イビキ、鼻毛…新垣隆氏は旧友から“暴露”されても終始笑顔

 “ゴーストイジリ”全開の会見となった。

 25日、作曲家の新垣隆氏(44)が音楽を手がけた映画「シロナガスクジラに捧げるバレエ」の完成発表会見が開かれ、共同作曲者のチェリスト・海野幹雄氏(39)とミニ演奏会を開いた。

 新垣氏と出会って15年以上の付き合いだという海野氏は開口一番、「頼んだら何でもやってくれるというので」と昨年2月に明るみとなった佐村河内守氏(51)のゴーストライター問題に引っ掛けてコメント。

「即興演奏では大体こうしようという“指示書”をもらって」などと当時の騒動のキーワードをちりばめた。さらに、「昔、コンクールのときに泊まりがけでサポートに来てくれたんですけど、本番前日に彼のイビキがすごくて眠れなかった」「わりと舌がお子ちゃま。“肉が好き!”みたいなね」と暴露。

 騒動前と後での変化を聞かれた際も「鼻毛が出ていない。服もヨレヨレだったのに、見た目が小ギレイになった」と言いたい放題だったが、後ろめたさのない新垣氏はいつも通りニコニコ笑っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事