「又吉先生の講演会です」ピース綾部の“格差ネタ”に会場笑い

公開日:  更新日:

「芥川賞受賞の又吉先生の講演会です」

 冒頭からこんな会話で始まったのが 10月15日から18日まで、よしもと祇園花月などで開催される京都国際映画祭2015の記者会見(7日)。ピースが司会を務め、終始、綾部祐二と又吉直樹のこんなやりとりが続き、芥川賞を受賞した「火花」の映画化がどうなるかも話題だけに、コンビの掛け合いに注目が集まった。

 同映画祭は映画部門、アート部門などで構成。今回は又吉がアート部門に参加。「又吉直樹×『文学』の世界」を10月上旬から映画祭終了まで誓願寺で開催する。受賞作「火花」の大きな装画、又吉が考案した「新・四字熟語」の書などが飾られる。綾部は「また改めて格差がでてしまいました」とコメントし、笑いを誘った。

 なお、15日のオープニングでは牧野省三賞、三船敏郎賞を発表。今年の目玉は映画部門の「事実は小説より奇なり『ドキュメンタリー』」に出品する木村祐一の「ワレワレハワラワレタイ」。キム兄が吉本芸人107組に200時間近くインタビューした中から10組を編集した作品の上映。また、5月に大腸がんで亡くなった今井雅之主演の映画「ウインズ・オブ・ゴッド」の上映など。

 総合プロデューサーの奥山和由氏は「京都に来ないと見られない作品を集めた。危険な映画をやりたい」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る