• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

又吉「火花」ネット配信優先でTVと映画の“常識”どうなる?

コラム【エンタメ最前線】

 動画配信世界最大手の米ネットフリックスが日本のテレビ局を揺さぶっている。芥川賞受賞で話題の又吉直樹「火花」のドラマをテレビにさきがけてネット配信するというのである。

 芥川賞や直木賞を受賞するような小説のドラマ化はこれまでならテレビ局が担うのが普通。しかし、今回は又吉が所属する吉本興業がネットフリックスの出資を仰ぎながらドラマを制作し、ネット配信を優先する。

 吉本=ネットフリックス側は全10話ほどの配信が終了したあと、テレビにドラマの権利を売ろうというわけで、テレビ局もなめられたものだ。そこでネット配信後にテレビ局が放送するのかどうかも注目されている。

「火花」の映画化にも関心が集まっている。ここでも、ネットフリックスが製作に出資する話が浮上。すでに大物映画監督に打診がいっているらしいが、ネットフリックスが製作に関与し始めるとなると、劇場公開を担当する配給会社の立場も微妙になってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る