「名探偵キャサリン」シャーロットを救った谷原章介の存在感

公開日: 更新日:

 先週放送の「名探偵キャサリン」(テレビ朝日系)はシャーロット・ケイト・フォックスの民放初登場ドラマだったのに、大して話題にならなかった。視聴率11.6%は2時間ものとしては“まあまあ”なのだが、評価は微妙だ。

 シャーロットは、日本語のせりふ回しがヘンだった。「なる~ほどぉ」とか「謝んりなさい」とか、不自然なのだ。京都ロケが多く、撮影はあわただしかったのだろうが、朝ドラの「マッサン」のように丹念にリハする時間がなかったか?

 華道界の怨念絡みの殺人事件という、山村美紗のいかにも日本的サスペンスも、シャーロットの明るい雰囲気には合わない。推理のときの長いせりふや、日本の歌をうたうシーンなどはスベリ気味だった。

 そんなドラマを締めたのが谷原章介の存在だ。

 副大統領の娘キャサリン(シャーロット)に付き添うエスコート役をイヤイヤ引き受けた後、互いに反発し合っていた2人がやがて打ち解け、息が合って犯人を追うという類型な展開にもかかわらず、うまーくシャーロットを引き立て、芝居を引っ張っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る