「名探偵キャサリン」シャーロットを救った谷原章介の存在感

公開日:  更新日:

 先週放送の「名探偵キャサリン」(テレビ朝日系)はシャーロット・ケイト・フォックスの民放初登場ドラマだったのに、大して話題にならなかった。視聴率11.6%は2時間ものとしては“まあまあ”なのだが、評価は微妙だ。

 シャーロットは、日本語のせりふ回しがヘンだった。「なる~ほどぉ」とか「謝んりなさい」とか、不自然なのだ。京都ロケが多く、撮影はあわただしかったのだろうが、朝ドラの「マッサン」のように丹念にリハする時間がなかったか?

 華道界の怨念絡みの殺人事件という、山村美紗のいかにも日本的サスペンスも、シャーロットの明るい雰囲気には合わない。推理のときの長いせりふや、日本の歌をうたうシーンなどはスベリ気味だった。

 そんなドラマを締めたのが谷原章介の存在だ。

 副大統領の娘キャサリン(シャーロット)に付き添うエスコート役をイヤイヤ引き受けた後、互いに反発し合っていた2人がやがて打ち解け、息が合って犯人を追うという類型な展開にもかかわらず、うまーくシャーロットを引き立て、芝居を引っ張っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る