• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「パロディーにあらず」 ウオッチャーが語る“タモリ芸”の原点

 20日の放送をもって「ひとまず閉店」(放送終了)となる「ヨルタモリ」(フジテレビ系、日曜23時15分~)。ゲストは中居正広に決まったものの、どんなコントをさし込むのか? もタモリファンには気になるところ。「金曜10時!うわさのチャンネル!!」(1973~79年)で披露してメジャーとなった中洲産業大学(助教授)をはじめ、李澤教授の「日本古典文学講座」、聖フェノロチオ女子大学野々村修(准)教授による「クローズアップしすぎ現代」といった教授や専門家をおちょくるネタは、実はタモリが素人の頃からやっていたものだという。

 タモリウオッチャーのひとりで「タモリと戦後ニッポン」(講談社現代新書)を上梓した近藤正高氏は、そこには「早大時代の仲間と共有した時間や笑いが原点にある」と言う。

「大学教授ネタは、タモリが学生時代の居候先の友人と遊んでいるうちに生まれたものです。タモリたちは、友人の兄が持っていたテープレコーダーなどを使ってラジオ番組のパロディーをつくっていました。その中に『朝の教養講座』というレパートリーがあり、口から出まかせに語って録音していたのが、そもそもの始まりだったようです。ちなみにデビュー当初にタモリが扮した“森田一義助教授”は、早大にいたある助教授がモデルだとか。論理学が専門のその助教授は、授業中に何世紀も前に死んだ学者に対して『ま、こんなことを言ってますけどね』と愚痴をこぼすような人だったらしく、学問の世界しか知らない浮世離れした感じがタモリにはおかしく思えたようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る