「パロディーにあらず」 ウオッチャーが語る“タモリ芸”の原点

公開日:  更新日:

 20日の放送をもって「ひとまず閉店」(放送終了)となる「ヨルタモリ」(フジテレビ系、日曜23時15分~)。ゲストは中居正広に決まったものの、どんなコントをさし込むのか? もタモリファンには気になるところ。「金曜10時!うわさのチャンネル!!」(1973~79年)で披露してメジャーとなった中洲産業大学(助教授)をはじめ、李澤教授の「日本古典文学講座」、聖フェノロチオ女子大学野々村修(准)教授による「クローズアップしすぎ現代」といった教授や専門家をおちょくるネタは、実はタモリが素人の頃からやっていたものだという。

 タモリウオッチャーのひとりで「タモリと戦後ニッポン」(講談社現代新書)を上梓した近藤正高氏は、そこには「早大時代の仲間と共有した時間や笑いが原点にある」と言う。

「大学教授ネタは、タモリが学生時代の居候先の友人と遊んでいるうちに生まれたものです。タモリたちは、友人の兄が持っていたテープレコーダーなどを使ってラジオ番組のパロディーをつくっていました。その中に『朝の教養講座』というレパートリーがあり、口から出まかせに語って録音していたのが、そもそもの始まりだったようです。ちなみにデビュー当初にタモリが扮した“森田一義助教授”は、早大にいたある助教授がモデルだとか。論理学が専門のその助教授は、授業中に何世紀も前に死んだ学者に対して『ま、こんなことを言ってますけどね』と愚痴をこぼすような人だったらしく、学問の世界しか知らない浮世離れした感じがタモリにはおかしく思えたようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る