「タモリと戦後ニッポン」著者が解く「ヨルタモリ」人気の秘密

公開日:  更新日:

 フジテレビ系「ヨルタモリ」(日曜23時15分~)が20日の放送で終了する。メーンの視聴者は中高年の男女。視聴率は深夜では異例の10%台をマークした回もあったが、昨年10月19日の初回放送からわずか1年足らずで“第1幕”を閉じる。

 舞台は東京・湯島にあるバー「ホワイトレインボー」。宮沢りえ(42)がママを務めるその店にタモリ(70)が大阪にある工務店のエロ社長、岩手のジャズ喫茶のマスター、関西出身のいかがわしい建築家といった常連客に扮してふらりと訪れるという設定だ。

 最近の画一化されたお笑い番組とは異なる謎めいた演出も多く、ネット上には独自の解説を載せ、深読みするサイトも複数存在。また常連のご近所さんに加えて井上陽水や黒柳徹子、桃井かおり、上戸彩など毎回豪華多彩なゲストを呼び、30分の大半をトークに費やすが、人気のヒミツはどこにあるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る