• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファンもそっぽを向く…日テレ「W杯ラグビー中継」のお粗末

 23日に日本テレビで放送されたラグビーW杯イングランド大会「日本×スコットランド」の平均視聴率が15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と、深夜に及ぶ時間帯にもかかわらず高視聴率を記録した。

 19日深夜に南アフリカから“奇跡の勝利”をもぎ取っていただけに視聴者の関心はぐんとアップ。試合は残念ながら10―45で惨敗したものの、にわかラグビーファンも含めてテレビに釘付けにしたのは間違いない。しかし、結果以上にラグビーファンをがっかりさせているのが、地上波独占放送をうたい大々的にPRしている日テレのラグビー中継の“姿勢”だ。

「南アフリカ戦では“どうせ負ける”とでも思っていたのか、生中継ではなく、ディレードハイライトでの録画放送。にもかかわらず、視聴率は4.9%を記録した。日テレに比べ、スポーツ専門のケーブルテレビ局・J―SPORTSは日本戦のみならず、W杯の全48試合を生中継しているので熱心なラグビーファンはこっちを見ているはずです」(運動部記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事