ファンもそっぽを向く…日テレ「W杯ラグビー中継」のお粗末

公開日:  更新日:

 23日に日本テレビで放送されたラグビーW杯イングランド大会「日本×スコットランド」の平均視聴率が15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と、深夜に及ぶ時間帯にもかかわらず高視聴率を記録した。

 19日深夜に南アフリカから“奇跡の勝利”をもぎ取っていただけに視聴者の関心はぐんとアップ。試合は残念ながら10―45で惨敗したものの、にわかラグビーファンも含めてテレビに釘付けにしたのは間違いない。しかし、結果以上にラグビーファンをがっかりさせているのが、地上波独占放送をうたい大々的にPRしている日テレのラグビー中継の“姿勢”だ。

「南アフリカ戦では“どうせ負ける”とでも思っていたのか、生中継ではなく、ディレードハイライトでの録画放送。にもかかわらず、視聴率は4.9%を記録した。日テレに比べ、スポーツ専門のケーブルテレビ局・J―SPORTSは日本戦のみならず、W杯の全48試合を生中継しているので熱心なラグビーファンはこっちを見ているはずです」(運動部記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る