• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファンもそっぽを向く…日テレ「W杯ラグビー中継」のお粗末

投稿日:  更新日:

 23日に日本テレビで放送されたラグビーW杯イングランド大会「日本×スコットランド」の平均視聴率が15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と、深夜に及ぶ時間帯にもかかわらず高視聴率を記録した。

 19日深夜に南アフリカから“奇跡の勝利”をもぎ取っていただけに視聴者の関心はぐんとアップ。試合は残念ながら10―45で惨敗したものの、にわかラグビーファンも含めてテレビに釘付けにしたのは間違いない。しかし、結果以上にラグビーファンをがっかりさせているのが、地上波独占放送をうたい大々的にPRしている日テレのラグビー中継の“姿勢”だ。

「南アフリカ戦では“どうせ負ける”とでも思っていたのか、生中継ではなく、ディレードハイライトでの録画放送。にもかかわらず、視聴率は4.9%を記録した。日テレに比べ、スポーツ専門のケーブルテレビ局・J―SPORTSは日本戦のみならず、W杯の全48試合を生中継しているので熱心なラグビーファンはこっちを見ているはずです」(運動部記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る