スポーツ中継に明暗 「世界陸上」はサニブラウンが救世主に

公開日:  更新日:

 TBSとフジが毎夜、繰り広げたスポーツガチンコ対決。フジは「W杯バレーボール2015女子」でゴールデンタイムの2時間、TBSの「世界陸上北京」は17時台から23時まで。なんと土日もは朝から昼過ぎまでと、夜は5時間陸上ばかり!

 しかし、視聴率は“スター”の存在にかかっている。23日(日)にボルトが連覇した男子100メートル決勝の瞬間視聴率は24.2%!(ちなみにその1~2時間前、「24時間テレビ 愛は地球を救う」でDAIGOのマラソンのゴールシーンは34%超だが)

 ただ当初、連日の平均は9~13%あたり。これはボルト以外に、日本人のスターがいないことが要因だったが、大会開始の数日後から、サニブラウン(16歳の日本選手)が俄然数字(瞬間では25.5%も)を取りだした! ま、ボルト目当てで見ていたら、同じ短距離にいるサニブラウンを知り、見始めた人がほとんどだろうが、今や瞬間視聴率でボルト超え。つまり、実力はまだまだ発展途上でも(発展途上だからこそ?)日本選手なら応援したいという心理が強いだろう。スター性もノビシロもある彼は世界陸上の救世主か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

もっと見る