日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

母親が不入りに吠え話題 柄本佑「GONIN サーガ」の迫真演技

 日活ロマンポルノの傑作「天使のはらわた 赤い教室」の脚本や、監督作「死んでもいい」などで知られる石井隆監督の新作「GONIN サーガ」が公開中だ。東出昌大、桐谷健太、安藤政信、柄本佑、土屋アンナら癖のある俳優が出演しているバイオレンスものである。

 ただ、興行成績がイマイチ。そこで、重要な役どころで出演している柄本佑の母親で、女優の角替和枝がツイッターで強烈な感想を載せていて、これが感動ものだと話題になっている。

 息子が出ているので見に行ったら「傑作!」だったと角替。そしてこう書き込んだ。

「ワシは今日、宣伝せんならん使命に燃えとる!あまりの客の少なさに、なして!と叫ばずにおられん」「村の衆!傑作ぜ!役者がみんな良かと」「チャンスばあったら、是非!」

 母親として女優として、息子の仕事に大満足の作品が、多くの人に見られていない。こんな理不尽なことがあってたまるかと役者魂に燃えるおっかさんが吠えたわけだ。「ワシ」「なして」「村の衆」とかの言い回しが強烈でビビッとくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事