早くも映画賞最有力の声 「天空の蜂」はライバル東宝も圧倒

公開日:  更新日:

 先週公開された邦画エンターテインメント大作「天空の蜂」の評判がすこぶるいい。評価が高いのはもちろんのこと、映画業界では、年末から始まる各映画賞の最有力候補ではないかとの声が、早くも飛び交っている。

 製作・配給は松竹だが、映画を見たライバル会社の東宝の幹部も素晴らしさに圧倒されたと話していた。この夏、大ヒット作を連発し、今後も話題作揃いの東宝にそこまで感嘆させたのだから、たいしたものだ。

「天空の蜂」は、ある男が、遠隔操作した巨大ヘリコプターを原発に突っ込ませようとする過激な話である。航空自衛隊と原発関係者がヘリ突入を阻止せんとさまざまな手立てを講じる過程で、ハラハラドキドキのサスペンス劇が展開される。

 その興奮度が最高潮に達するのが、自衛隊ヘリ部隊の隊員の救出シーンだ。空中での数十分にも及ぶこの大迫力の場面は、思わず身を乗り出すほどワクワクする。近年、最高の邦画娯楽大作の見せ場でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る