• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早くも映画賞最有力の声 「天空の蜂」はライバル東宝も圧倒

 先週公開された邦画エンターテインメント大作「天空の蜂」の評判がすこぶるいい。評価が高いのはもちろんのこと、映画業界では、年末から始まる各映画賞の最有力候補ではないかとの声が、早くも飛び交っている。

 製作・配給は松竹だが、映画を見たライバル会社の東宝の幹部も素晴らしさに圧倒されたと話していた。この夏、大ヒット作を連発し、今後も話題作揃いの東宝にそこまで感嘆させたのだから、たいしたものだ。

「天空の蜂」は、ある男が、遠隔操作した巨大ヘリコプターを原発に突っ込ませようとする過激な話である。航空自衛隊と原発関係者がヘリ突入を阻止せんとさまざまな手立てを講じる過程で、ハラハラドキドキのサスペンス劇が展開される。

 その興奮度が最高潮に達するのが、自衛隊ヘリ部隊の隊員の救出シーンだ。空中での数十分にも及ぶこの大迫力の場面は、思わず身を乗り出すほどワクワクする。近年、最高の邦画娯楽大作の見せ場でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る