早くも映画賞最有力の声 「天空の蜂」はライバル東宝も圧倒

公開日: 更新日:

 先週公開された邦画エンターテインメント大作「天空の蜂」の評判がすこぶるいい。評価が高いのはもちろんのこと、映画業界では、年末から始まる各映画賞の最有力候補ではないかとの声が、早くも飛び交っている。

 製作・配給は松竹だが、映画を見たライバル会社の東宝の幹部も素晴らしさに圧倒されたと話していた。この夏、大ヒット作を連発し、今後も話題作揃いの東宝にそこまで感嘆させたのだから、たいしたものだ。

「天空の蜂」は、ある男が、遠隔操作した巨大ヘリコプターを原発に突っ込ませようとする過激な話である。航空自衛隊と原発関係者がヘリ突入を阻止せんとさまざまな手立てを講じる過程で、ハラハラドキドキのサスペンス劇が展開される。

 その興奮度が最高潮に達するのが、自衛隊ヘリ部隊の隊員の救出シーンだ。空中での数十分にも及ぶこの大迫力の場面は、思わず身を乗り出すほどワクワクする。近年、最高の邦画娯楽大作の見せ場でもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    菅政権のワクチン政策はデタラメ続き 縁故企業へのばらまきを許すな

もっと見る