• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

着ぐるみかCGかも注目 「日本版ゴジラ」興収に高まる期待

 日本発のゴジラ映画がいよいよ始動する。タイトルは「シン・ゴジラ」に決まった。「シン」には「新」や「真」などの意味があるという。長谷川博己、竹野内豊、石原さとみらが出演し、すでに撮影に入っている。公開は来夏の予定だ。

 日本のゴジラは「ゴジラ FINAL WARS」(04年)以来。間隔が空いたのは興行が厳しくなったからだ。この作品の興収が12億6000万円でまったく採算が合わず、当時は最後のゴジラ映画といわれた。ところが、昨年ハリウッド版「GODZILLA」が登場して世界的にヒットした。

 早々にハリウッド版第2弾の製作が決まる過程で、日本も負けてなるものかとなって、総監督(脚本も)に「エヴァンゲリオン」の庵野秀明、監督に「進撃の巨人」の樋口真嗣が抜擢され、11年ぶりに動き出したのだ。

 現段階ではゴジラのビジュアルと映画の中身は伏せられているが、ファンの関心のひとつは、これまで日本版のシンボルでもあった“着ぐるみ”スタイルがどうなるかだろう。最終決定はしていないようだが、今までのような全編着ぐるみということはないとも聞く。もしそうなら、ゴジラのビジュアルにCGが使われる可能性が高いということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る