• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

植松晃士が語る ファッションチェック18年目の“心境の変化”

「おブス!」とステッキ片手に芸能人やタレントのファッションを一刀両断する姿がおなじみのファッションプロデューサー・植松晃士。辛口ながら分かりやすい解説に定評があり、主婦層からも高い支持がある植松が、先月26日に「素敵は、無敵。」(KKベストセラーズ)を発売。ファッションに対する思いや近況について聞いた。

■年齢とともに美容への意識が高まる

 ファッションチェックを長くやっているせいか、辛口と分かってくださるのがありがたい。アントニオ猪木さんのビンタ的な感じ?

 18年間ファッションチェックをやってきて、僕もあと数年で「アラフィフ」。冷蔵庫に置き去りのリンゴがしぼんでいくように、自分の顔もしぼむ。だから、そこに「輝き」は必要だと思うんです。あんまりいっぱいつけると、昭和のオカマさんになっちゃうから、指輪はさりげなくピンキー(リング)1個とか、足りないところに足すくらい。心や経験は豊かになっていっても見た目はしぼむ、それはみんな一緒。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る