植松晃士が語る ファッションチェック18年目の“心境の変化”

公開日:  更新日:

「おブス!」とステッキ片手に芸能人やタレントのファッションを一刀両断する姿がおなじみのファッションプロデューサー・植松晃士。辛口ながら分かりやすい解説に定評があり、主婦層からも高い支持がある植松が、先月26日に「素敵は、無敵。」(KKベストセラーズ)を発売。ファッションに対する思いや近況について聞いた。

■年齢とともに美容への意識が高まる

 ファッションチェックを長くやっているせいか、辛口と分かってくださるのがありがたい。アントニオ猪木さんのビンタ的な感じ?

 18年間ファッションチェックをやってきて、僕もあと数年で「アラフィフ」。冷蔵庫に置き去りのリンゴがしぼんでいくように、自分の顔もしぼむ。だから、そこに「輝き」は必要だと思うんです。あんまりいっぱいつけると、昭和のオカマさんになっちゃうから、指輪はさりげなくピンキー(リング)1個とか、足りないところに足すくらい。心や経験は豊かになっていっても見た目はしぼむ、それはみんな一緒。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る