日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

出演番組での独占報告が主流に 滅びゆく芸能人「結婚会見」

コラム【桧山珠美 あれもこれも言わせて】

 福山雅治に始まり、千原ジュニア、麒麟の川島明、ジャンポケの太田博久、爆笑問題の田中裕二、さらに、一部の報道では藤原紀香&片岡愛之助、DAIGO&北川景子の結婚も決まったとか。

 そんなめでたいムードに水を差す気はないが、どうも釈然としないのはこのところの結婚報告。福山ほどの大物がファクスで報告のみって寂し過ぎる。

 今年1月に入籍した杏と東出昌大も4日、極秘挙式を行ったが、当然マスコミはシャットアウト。我々は後日、出席者が個人的にSNSに上げた写真で知るのみ。みんなに祝福されてこそザ・芸能人。こういう時は会見を開き、金屏風の前でツーショットをお披露目すべきだと思う。

 ファクス1枚の結婚報告はワイドショー泣かせでもある。ファクスの文字を見せるだけでは絵にならず。苦肉の策で過去の映像やら、週刊誌やブログでの発言を紹介したりでお茶を濁すありさま。ファクスはまだましな方で、最近は自身のブログやツイッターなどSNSで報告するパターンが多い。これもしみったれた話だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事