コンペ部門に初の「邦画3本」 東京国際映画祭に2つの変化

公開日: 更新日:

 10月22日から開催される今年の第28回東京国際映画祭には2つの特徴がある。会場が増えたことと、邦画の上映にとくに力が入っていることである。

 会場はこれまで六本木中心だったが、新たに新宿の3つのシネコン、新宿ピカデリー、新宿バルト9、TOHOシネマズ新宿が加わった。新宿開催は単純にうれしい。これで初めて映画祭に出かけようという人が多くなるだろう。

 邦画は新旧の作品がとても充実している。コンペティション部門には、なんと3本も選出された。これは映画祭史上初の快挙である。作品は小栗康平監督の「FOUJITA」、中村義洋監督の「残穢―住んではいけない部屋―」、深田晃司監督の「さようなら」の3本。「FOUJITA」(仏と合作)は世界的な画家として知られる藤田嗣治の半生を描く。オダギリジョーがおかっぱ頭や丸ぶちメガネ姿で藤田を演じる。役柄になりきることに抜きんでた才能をもつ“性格俳優”オダギリの演技力が見どころとなろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る