• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コンペ部門に初の「邦画3本」 東京国際映画祭に2つの変化

 10月22日から開催される今年の第28回東京国際映画祭には2つの特徴がある。会場が増えたことと、邦画の上映にとくに力が入っていることである。

 会場はこれまで六本木中心だったが、新たに新宿の3つのシネコン、新宿ピカデリー、新宿バルト9、TOHOシネマズ新宿が加わった。新宿開催は単純にうれしい。これで初めて映画祭に出かけようという人が多くなるだろう。

 邦画は新旧の作品がとても充実している。コンペティション部門には、なんと3本も選出された。これは映画祭史上初の快挙である。作品は小栗康平監督の「FOUJITA」、中村義洋監督の「残穢―住んではいけない部屋―」、深田晃司監督の「さようなら」の3本。「FOUJITA」(仏と合作)は世界的な画家として知られる藤田嗣治の半生を描く。オダギリジョーがおかっぱ頭や丸ぶちメガネ姿で藤田を演じる。役柄になりきることに抜きんでた才能をもつ“性格俳優”オダギリの演技力が見どころとなろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る