「リング」売れたが…ホラー映画製作会社倒産の“厳しい実情”

公開日: 更新日:

「リング」「らせん」など大ヒットホラー映画を手掛ける製作会社「オズ」が9日に、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。民間調査会社によると、ここ最近、ヒット作に恵まれなかったことが大きな原因だという。

「オズ」は映画プロデューサーの一瀬隆重氏が1989年に設立した。98年の「リング」「らせん」のほか、03年公開の「呪怨」はリメーク作が全米興行収入1位を記録するなど大ヒット。07年6月期には売上高19億5764万円を挙げた。

 一瀬氏は11年1月の本紙インタビューで「Jホラーが大鉱脈になるとは思ってもみませんでした。ただ、『リング』は、日本で当たった以上に海外でウケた」と手応えを語っていた。ハリウッドでも注目を浴びるほどの名プロデューサーが、「なぜ?」である。

「東宝や東映などの大手は不動産を持っていることもあり、副収入が経営を支えている部分があります。しかし、製作のみを手掛ける会社は、ヒット作を出し続けなければ、売り上げに直結します。一瀬さんほどの人物でも、会社を存続させるのは簡単なことではありません。また、ここ最近は『超大作』か、『マニアック』か、映画ファンの嗜好が二極化しています。『リング』や『らせん』は中間に当たる作品であるうえ、ホラーブームも去りつつある。相当斬新で新しいものを打ち出さなければ、飽きられてしまう部分もあるでしょう」(映画批評家の前田有一氏)

「リング」の貞子といえばジャパニーズホラーの定番キャラで、始球式に登場したり、パチンコ・パチスロにも採用されている。しかし、著作権は原作者にあるから、製作会社にはロイヤルティーは支払われない。なんとも難しい商売である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る