「GTO」以来のハマリ役…4代目“相棒”反町隆史に相次ぐ称賛

公開日: 更新日:

 4代目“相棒”に反町隆史(41)を起用した水谷豊主演ドラマ「相棒Season14」(テレビ朝日系)が視聴率18.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切って話題になっている。

 この数字は今年放送された民放連ドラの初回視聴率でトップ。新“相棒”が反町に決まるまではいろんな俳優の名前が飛び交うなど紆余曲折あったものの、ドラマに対する視聴者の関心の高さが裏付けられた形だ。

 コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「まずは水谷さんと反町さんの関係性が新鮮でした。これまでの相棒は全員が警察官で、キャリアである水谷さんとの上下関係はハッキリしていました。しかし、今度の反町さんは法務省という“本籍地”を持っていて、しかもキャリア官僚。水谷さんベッタリではなく互いに腹の探り合いをしながら事件も解決していくという設定が目新しかったです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  7. 7

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    「いきなり!ステーキ」米国上場廃止 NYでなぜ総スカン?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る