「GTO」以来のハマリ役…4代目“相棒”反町隆史に相次ぐ称賛

公開日:  更新日:

 4代目“相棒”に反町隆史(41)を起用した水谷豊主演ドラマ「相棒Season14」(テレビ朝日系)が視聴率18.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切って話題になっている。

 この数字は今年放送された民放連ドラの初回視聴率でトップ。新“相棒”が反町に決まるまではいろんな俳優の名前が飛び交うなど紆余曲折あったものの、ドラマに対する視聴者の関心の高さが裏付けられた形だ。

 コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「まずは水谷さんと反町さんの関係性が新鮮でした。これまでの相棒は全員が警察官で、キャリアである水谷さんとの上下関係はハッキリしていました。しかし、今度の反町さんは法務省という“本籍地”を持っていて、しかもキャリア官僚。水谷さんベッタリではなく互いに腹の探り合いをしながら事件も解決していくという設定が目新しかったです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る