ペリー荻野
著者のコラム一覧
ペリー荻野コラムニスト

愛知県出身、時代劇研究家。大学在学中からラジオパーソナリティー兼放送作家としての活動を始める。主な著作は「チョンマゲ天国―時代劇が止まらない」「ちょんまげだけが人生さ」「ちょんまげ八百八町」など。また、監修した時代劇音楽CD「ちょんまげ天国」4作は12万枚を突破している。

事件の謎解き&江戸の美味 北村一輝主演の「新感覚時代劇」

公開日: 更新日:
作品作りに並々ならぬこだわりを見せた北村一輝(C)日刊ゲンダイ

「大江戸事件帖 美味でそうろう」

 BS朝日が開局15周年を記念して制作したスペシャル時代劇「大江戸事件帖 美味でそうろう」。舞台は江戸時代後期。主人公は、武家の生まれでありながら瓦版屋をしている新平太(北村一輝)です。

 ワケありムードの新平太は、ずば抜けた味覚と、剣の達人というふ…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  5. 5

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  6. 6

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  7. 7

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  8. 8

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  9. 9

    安藤優子も…フジ“聖域”なきリストラの裏の深刻台所事情

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る