• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

絶賛の映画「恋人たち」 臨場感生んだ橋口亮輔監督の演出力

 14日に公開されたばかりの映画「恋人たち」の評価がすこぶるいい。新聞各紙も、公開1週前の金曜夕刊で絶賛する映画評を大きく載せたほど。直前の金曜ではなく、その1週前の掲載であるのに注目したい。中身が素晴らしいのでできるだけ早く記事化し、多くの人に見てほしいというメッセージ、と個人的には受け取った。

 困難さをかかえて今を生きる人たちの物語である。妻を殺され犯人を憎み続ける男、夫や姑とうまくいかない日常を送る主婦、愛する男にあることで誤解されショックを受けるゲイの弁護士の3人の話が中心。

 演じるのはいずれもプロの俳優ではない。俳優のワークショップで演技を勉強し、今回の作品に出演したのが経緯。これがプロの俳優の手慣れた安定感とは違って、妙に臨場感のあるリアルな雰囲気を醸し出し、とても魅力的なのだ。

 それを引き出したのが「ぐるりのこと。」などの橋口亮輔監督(写真)で、素人3人の演出ぶりには舌を巻いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事