• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

絶賛の映画「恋人たち」 臨場感生んだ橋口亮輔監督の演出力

 14日に公開されたばかりの映画「恋人たち」の評価がすこぶるいい。新聞各紙も、公開1週前の金曜夕刊で絶賛する映画評を大きく載せたほど。直前の金曜ではなく、その1週前の掲載であるのに注目したい。中身が素晴らしいのでできるだけ早く記事化し、多くの人に見てほしいというメッセージ、と個人的には受け取った。

 困難さをかかえて今を生きる人たちの物語である。妻を殺され犯人を憎み続ける男、夫や姑とうまくいかない日常を送る主婦、愛する男にあることで誤解されショックを受けるゲイの弁護士の3人の話が中心。

 演じるのはいずれもプロの俳優ではない。俳優のワークショップで演技を勉強し、今回の作品に出演したのが経緯。これがプロの俳優の手慣れた安定感とは違って、妙に臨場感のあるリアルな雰囲気を醸し出し、とても魅力的なのだ。

 それを引き出したのが「ぐるりのこと。」などの橋口亮輔監督(写真)で、素人3人の演出ぶりには舌を巻いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る