“ごった煮”で人気 京都国際映画祭の入場者は昨年の5倍!

公開日:  更新日:

 吉本興業が映画祭や映画事業にますます積極的な動きを見せている。先週閉幕した京都国際映画祭2015(同社が運営)は、入場者が何と前回の5倍以上の約27万人を記録。加えて、このほど洋画配給まで手掛けることを明らかにした。

 京都の映画祭では映画以外の多くの催し物が入場者を増やした理由だとみられる。「映画もアートもその他も全部」をコンセプトにした映画祭の“ごった煮”的な特色が一段と鮮明になったと言えよう。

 映画関係では三船敏郎賞(受賞は仲代達矢氏)、牧野省三賞(野上照代氏)などの映画賞の実施のほか、映画上映の本数は前回の48本から65本に増えた。若手クリエーターから作品を募ったコンペティションも昨年同様開かれた。

 提言もしておきたい。「国際」と銘打っている以上、海外からの映画関係者や映画ファンの人たちを今以上に呼べるような映画祭であってほしい。それには上映の機会が少ない内外の話題作や野心作を存分に揃えることが重要だと思う。観光との連動もありだが、やはり映画を中心軸にしてもらいたいのだ。観光地・カンヌの映画祭は映画だけを見るために全世界から人が集まってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る