汚名返上なるか 剛力彩芽が“視聴率非公表”BSでドラマ復帰

公開日:  更新日:

 女優の剛力彩芽(23)が9カ月ぶりの“カムバック”だ。

 今年4月期クールの主演ドラマ「天使と悪魔~未解決事件匿名交渉課~」(テレビ朝日系)以来、芝居の仕事をセーブし特技のダンスを生かして歌手活動に力を入れてきたが、来年1月11日放送のNHKドラマ「ジャングル・フィーバー」(BSプレミアム、21時~)では主人公の死刑囚役に挑戦。

 30日に開かれたクランクアップ会見では、こう振り返った。

「責任感が強くいろいろな感情を出す役どころで難しいところもありましたが、人間的な部分をお芝居できたのではないかと思っています」

 今作は企画立案から2年の歳月をかけたオリジナル脚本。2065年という近未来を舞台に人類滅亡の危機を救うため、剛力ら演じる7人の死刑囚が宇宙船に乗り込むも、弱肉強食の心理戦が繰り広げられるSF密室サスペンスで“NHK”らしからぬチャレンジングな作品だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る