• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ニュース番組で「ウハハハ」NHK阿部渉アナの“おちゃめ伝説”

 1日放送のNHK「おはよう日本」で、キャスターの阿部渉アナ(48)が番組中、突然笑い出したため、何ゴトかと話題になっている。

 正確に言うと「突然」ではなく、その直前に放送していた「笑いヨガ」特集を受けてのものだが、特集直後ならともかく、隣の和久田麻由子アナがいつも通り「続いては気象情報です」と紹介した後だったため、和久田アナは「アッ!」とビックリ。お天気を伝えるはずの気象キャスター渡辺蘭も「あ、ちょっとコメントが……」と動揺する中、ただひとり阿部アナだけが「してやったり」の表情だった。

 実は阿部アナ、今でこそ、しかつめらしい表情で朝のニュースを読んでいるが、もともと“芸能畑”出身だけに、この手の“おちゃめ伝説”には事欠かない。

「最初にやらかしたのは01年に『紅白』の白組司会に決まった時のこと。まだ総合テレビでのレギュラー経験がなかった頃の“大抜擢”だっただけに、発表会見で“史上最も無名な司会者でしょう。10年後には、あの人は今になってます”とやって会場を沸かせました」(NHK関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事