日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「花*花」の2人が明かす “大ヒット&活動休止”の舞台裏

 NHK紅白の出場者が発表されたが、2000年、この女性デュオはメジャーデビューしたその年に紅白出場を果たした。「あ~よかった」が懐かしい「花*花」のこじまいづみさん、おのまきこさんの2人だ。その後、「さよなら 大好きな人」もヒットした2人、今どうしているのか。

■不仲とかケンカ別れとかはありません

「今年はメジャーデビュー15周年なんです。それで“原点回帰”をコンセプトに8月7日、7曲を収録したミニアルバム『アンダーウェア』をリリースしました」(おのさん)

「花*花」の2人と会ったのは渋谷にあるカフェ。「アンダーウェア」のジャケットはイラストで、おのさんは左。右側のちょっぴり茶髪のこじまさんはセクシーなマリンブルーのランジェリー姿だ。

「“原点回帰”は言葉通り、メジャーデビュー前をイメージし、相方と2人でピアノの弾き語りをするように制作しました。好きなようにやり切った、満足感でいっぱい、という感じに仕上がった。で、“隠すものは下着だけ”って意味からタイトルもジャケットもそれに合わせたんです。写真? まだ一人息子は小2。さすがにそれは、ハハハ」(こじまさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事